The車com-新車と中古車の情報サイト

車に関するリンク集や新車購入値引き情報・中古車購入&買取査定情報のサイト。
メーカー・車種別の情報やニュース、リコール情報なども提供。

エコカーとEV(電気自動車)

皆さんはどのようなエコカーをお求めですか?エコカーといってもやはり自動車なので自動車としての機能も重視したいですよね。例えば空間が広い等の室内空間の事からサスペンション等の大きな部分も重視したいですよね。

やはり自動車はトータルバランスが大切なので今回は性能とエコの両立ができるエコカーを紹介したいと思います。意外とこの条件に当てはまるエコカーは少ないと思いますが、自動車は大きな買い物ですので、厳しく見ていきたいですよね。

ティーダ
自動車自体はとてもコンパクトですが、車内はとても広く内装に手が込んでいます。無駄な物を省いて必要な部分だけ残すような傾向になっています。なので室内空間はかなり広めです。CDの収納スペースの容量が大きいのも便利な点ですよね。
しかもこのティーダ、本格的なエコカーよりかなり安めで購入できます。お子さんやご家族がいらっしゃって軽自動車のエコカーじゃちょっときついかもという方や休日に家族で出かけることが多い人にオススメです。自転車なんかも簡単に積み込めるので便利な点です。

フィット
最近は街中で最も多く見かけられるエコカーだと思います。最近このFITが人気な理由がいくつかあります。一つは価格が安く、二つ目は燃費がよく、三つ目はデザイン・内装等の面で手が込んでいるからだと考えられます。小回りがきくという点でも便利だし、挙げたらきりがないほどです。FITも空間が広いのがメリットです。

デミオ
マツダのエコカーといったらデミオ。最近ではFIT同様に街中で見かける機会が多くなりました。グリーンやブルー、レッド等色も豊富で楽しみ方はさまざまだと思います。燃費やデザイン、価格等でFITに近い部分があるので今後ライバル車になる可能性も大きいいです。

CR-Zこの自動車は昨年販売されて注目を浴びましたよね。デザインを追及したエコカーで2ドアという点で特徴的でした。この自動車は運動性能がよさそうだし、デザインもいいので今後期待の自動車になりそうです。まだあまり見かける機会はありませんが、ドライブ等によく出かける方には快適性という点でオススメです。ちょっと豪華なエコカーです。

リーフ
最近CMでお馴染みのリーフです。この車は完全な電気自動車で、本格的なエコカーです。2012年から世界規模で発売するようになるそうです。ということは日本でも電気自動車が普及する日がそう遠くなく、今がエネルギー転換の時期だということを感じさせます。
ガソリン車を今買うよりも少し我慢して電気自動車を買うというのも一つの方法かもしれません。問題であったリチウムイオン電池が重くなりすぎる点も解決しているようです。実用段階の電気自動車では国内でトップクラスの自動車です。

テスラ・ロードスター
まだ聞いた事がない人がほとんどだと思われます。よく雑誌やDVDをご覧になる方はご存知だと思いますが、完全電気自動車のスポーツカーです。今後自動車は全て電機に頼るようになることを想定して開発された自動車です。密かに注目を集めている自動車です。この自動車もリーフ同様にリチウムイオン電池も問題を解決した自動車で、一回の充電で300Km走行できるそうです。

これだけ走れれば普通に使う面ではまったく問題ないですよね。最も注目すべき点はモーター性能。モーターはエンジンよりも一気に吹け上がるのですぐに高回転域まで上げられます。なので意外と性能が高いです。重量も1200Kg程度とリチウムイオンを搭載していることを考慮すれば決して劣らない自動車だと思います。部品にはロータスエリーゼの物が一部分だけ使われています。

ベルタエコカーなのに上の車たちと同様の燃費を実現したのがトヨタ・ベルタです。ベルタは燃費が22Km/Lであり、減税の対象にもなりました。
ちなみに普通のセダンは9Km/Lほどなのでベルタはかなり燃費のよい自動車いうことになります。国内セダンではいうまでもなくトップクラスです。エコカーと快適性と高級感を求める方にはぜひともオススメしたい自動車です。

 このように最近ではさまざまなエコカーが販売されています。やはり時代が時代だけにエコカーの重要性が高まってきているようですね。
今まではエコカーの問題点として価格が高かったり性能性の問題が取り上げられてきましたが、最近ではまったくその様なものがなくなり自動車メーカーでさえエコカー中心の自動車開発に取り組んでいるほどです。
化石燃料が終わったあとのことも考え、メーカーが電気自動車を世に送り出そうととしている光景も見受けられます。経済的なメリットもありますが地球環境の面でも乗っていて気持ちがいいですよね。

地球を汚さずに自動車に乗れてエコな感じがします。メーカーが転換に踏み切ったときには地球温暖化の解消についても気になります。
一社が踏み出せばドミノ倒し形式で他のメーカーも始めますのでそのときが楽しみです。時代の転換期、皆さんも是非エコカー・電気自動車の購入を検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

Sponsor Link
Filed under: etc — NCP @ 4:45 PM 2011/11/15

Copyright (C) 2005-‘2017’NCP , All rights reserved.