The車com-新車と中古車の情報サイト

車に関するリンク集や新車購入値引き情報・中古車購入&買取査定情報のサイト。
メーカー・車種別の情報やニュース、リコール情報なども提供。

ホンダの新車値引き情報

ホンダの新車を安く買うための値引き交渉のテクニックや交渉の進め方などの情報や値引き相場や下取り相場などの調べ方など新車の購入と値引きに関する情報ページ。

ホンダを値引きしてもらおう

ホンダの値引き幅は購入する時期や地域によって変動します。

新車の値引き額はお住まいのエリアや時期によって違います。ご自身の住んでいるエリアの今の金額を知ってこそ意味があるでしょう。

ホンダの値引き幅を調べるならネットでの見積が便利です!

価格(総支払額)は時期や地域によって大きく変動することがあります。また本体価格が安くても他の経費を合わせると結局高くついてしまった、なんてこともありますので是非お住まいの地域のディーラーで見積を取って総支払額を調べてみましょう。

見積を活用した交渉術

見積書を取得することこそホンダの購入の第一歩、値引き交渉の始まりです。

本当のホンダの値引き幅は見積書の総支払額を見なければわかりません。

総支払額は車両本体価格に様々な諸費用・諸経費を加算して算出されます。車両本体価格だけを見ても実際に安いのかどうかの判断は出来ません。新車を安く買うためには総支払額の見積を取り、その総額が安くなるように交渉しましょう。総支払額は購入エリアや時期、その他の条件によって違ってきます。

実際のホンダの値引き幅を知る一番の方法は近くのディーラーで見積を取って総支払額を知ることです。ネットを利用すれば簡単に見積が取れますのでディーラーに行く前にまずはネットで見積を取ってみてはいかがでしょうか。

毎年(毎月)支払う保険料を見直しませんか?

自動車保険一括見積もり

自分に合った契約プランで保険料を節約
値引きを受けられるのは新車の購入時だけとは限りません。

自動車保険の契約内容を見直したり保険会社を変える事で購入時の価格だけではなく毎年必要な維持費も節約できます。
一括見積もりサービスを利用すれば一度の依頼で複数の保険会社から見積もりをもらえて便利ですよ。

値引きしてもらいやすい時期

新車の購入にあたってはディーラー側の事情などにより値引きしてもらいやすい時期があります。

3月と9月は多くのディーラーが決算月になります。決算を前にしたディーラーは少しでも売上を増やしたいので、いつも以上の値引をしてでも1台でも多くの新車を販売しようとする傾向があります。

また6.7月と11.12月はボーナス商戦となりますので、他の月より値引が期待できます。

実際の値引額は見積を取ってみないとわかりませんし、ディーラーによって様々ですから、複数の見積を依頼して比較することが大事でしょう。

下取り査定は値引き同様に重要です。

一括見積査定で下取り相場を調べる

下取り価格も重要
新車購入時に上手に交渉して車両本体価格の値引きを勝ち取ったとしても、現在乗っている車の下取り価格を低く抑えられたのでは意味がありません。
ネットの一括見積もりサイトを利用すればネットから複数社への愛車の買取査定見積依頼を一度に行うことが出来ます。
ディーラーとの交渉に入るまでに愛車の査定価格を知っておくといいでしょう。買取相場を知っていればディーラーとの下取り価格の交渉も有利に進められます。

新車購入豆知識

新車選びの判断基準

明確な判断基準を持たずに新車を購入すると低い満足度になりやすいでしょう。

納得してから買う

新車を買って後悔しないために納得するまでは買わないようにしましょう。アフターサービスなども考えて気になる点があれば担当者に徹底的に質問して相談しましょう。
納得できていない場合は「何が納得できないのか」を整理して、じっくり相談しましょう。

総支払額の抑制方法

”車両本体価格”
車両本体とメーカーで設定されているオプションの項目。
メーカーオプションとして設定するよりも、ディーラーオプションで設定したほうが安くなる場合もあります、担当者とよく相談して検討してみましょう。
もちろん逆にディーラーで後付すると高くなる場合もありますので注意が必要です。

”ディーラーオプション・特別仕様・付属品”
特別仕様に関しては値引きはあまり期待できないようです。
パーツは工賃くらいは値引きしてもらえる場合も多いようです。付属品に関しても値引きしてもらえる場合が多いようですので交渉してみましょう。

”諸費用”
車庫証明費用や納車費用など新車購入にかかる費用です。
自分で動くことで費用のかからないものもありますので車庫証明の取得など自分でも出来ることは自分で行い費用をカットしましょう。
他にもJAFの入会などが含まれている場合がありますので、自分に必要なものだけ選択し、不必要なものは見積から外しましょう。

”税金・自賠責保険”
自動車取得税や重量税などの税金と自賠責保険ですが、これは値引きしてもらえる余地はありません。

”法定手数料”
各種手続きで役所に払う費用です。上記同様に値引きは不可能です。



Copyright (C) "Naruse Contents Planning" All Rights Reserved.