The車com-新車と中古車の情報サイト

車に関するリンク集や新車購入値引き情報・中古車購入&買取査定情報のサイト。
メーカー・車種別の情報やニュース、リコール情報なども提供。

新車価格と値引き情報ガイド

自動車を安く買うためには様々なテクニックや交渉術がありますので、そのコツ学んで皆さんのカーライフ充実にお役立てください。

自動車購入の第一歩

自動車に求めるニーズ

まずは自動車に求めるニーズを明確にしましょう。
現在自動車を持っていて買換えを考えている場合は、今の車の不満な箇所をリストアップし、新車に何を求めるのか整理しておきましょう。

デザインなど外観ばかり気にしていると乗り心地や取り回し性、居住空間などで不便な場合もあります。
初めて自動車を買う場合も自分のニーズをしっかり整理しておくと良いでしょう。

車両本体価格と総支払額

自動車を買うときに多くの人は「車両本体価格」を調べて比較しますが、車両本体価格が安くても損な場合があります。新車の価格で重要視すべきは”総支払額”です。
新車購入の際には車両本体価格の値引き以外にも、下取り車やオプション、モデルチェンジの時期、諸経費、ローン金利など多くの要因が 関係しますのでそれらによって支払い総額は大きく変わります。従って車両本体価格は安くても損な場合もあるのです。

上手に新車を購入するには

値引幅の大きい時期
3月と9月は多くの場合ディーラーの決算月になります。決算を前にしたディーラーは少しでも売上を増やしたいので、いつも以上のサービスをしてでも1台でも多くの新車を販売しようとする傾向があります。

また6.7月と11.12月はボーナス商戦となりますので、他の月より値引が期待できます。

実際の値引額は見積を取ってみないとわかりませんし、ディーラーによって様々ですから、複数の見積を依頼して比較することが大事でしょう。

下取り車
今現在乗っている愛車を売り同じ販売店で次に買う自動車の購入資金に充てることを「下取り」と言います。
見積を依頼する際には必ず「下取り車」の有無を確認されます。 年式の古い車両や走行距離の多いクルマあるいは「不人気車」を下取りに出す場合にも注意する必要があります。
そういう車を下取りに出してしまうと逆に見積の金額が高くなってしまう場合があります。少々古いクルマでも下取りに出せばいくらかにはなりそうなものですが、実際に下取り査定には「ゼロ査定」が存在します。
査定額がゼロでも下取り手数料や査定料が掛かってしまい、結果的に赤字となり見積の総支払額が高くなってしまうというわけです。

下取り査定は値引き同様に重要です。

一括見積査定で下取り相場を調べる

下取り価格も重要
新車購入時に上手に交渉して車両本体価格の値引きを勝ち取ったとしても、現在乗っている車の下取り価格を低く抑えられたのでは意味がありません。
ネットの一括見積もりサイトを利用すればネットから複数社への愛車の買取査定見積依頼を一度に行うことが出来ます。
ディーラーとの交渉に入るまでに愛車の査定価格を知っておくといいでしょう。買取相場を知っていればディーラーとの下取り価格の交渉も有利に進められます。

新型の発売(フルモデルチェンジ)直後

フルモデルチェンジ後の新型発売直後は人気が集まりやすく購入意欲の高い客が多いため値引き額は抑えられる事が多く、ディーラーとしても強気の交渉を進める傾向があります。

人気が沈静化するまで待つのが一番ですが、新型が発売されれば真っ先に手に入れたい人もおおいでしょう。

その場合は「必ずしも新型にこだわっていない」という態度をセールスマンにアピールすると良いでしょう。

新型が出てくると旧型が新古車として登場したり、展示車両などを早く売ってしまいたいディーラーも多くなりますのでそれらと比較することで値引き額の上乗せを交渉してみると良いでしょう。

毎年(毎月)支払う保険料を見直しませんか?

自動車保険一括見積もり

自分に合った契約プランで保険料を節約
値引きを受けられるのは新車の購入時だけとは限りません。

自動車保険の契約内容を見直したり保険会社を変える事で購入時の価格だけではなく毎年必要な維持費も節約できます。
一括見積もりサービスを利用すれば一度の依頼で複数の保険会社から見積もりをもらえて便利ですよ。

新車の値引きしてもらいやすい時期

新車の購入にあたってはディーラー側の事情などにより値引きしてもらいやすい時期があります。

3月と9月は多くのディーラーが決算月になります。決算を前にしたディーラーは少しでも売上を増やしたいので、いつも以上の値引をしてでも1台でも多くの新車を販売しようとする傾向があります。

また6.7月と11.12月はボーナス商戦となりますので、他の月より値引が期待できます。

実際の値引額は見積を取ってみないとわかりませんし、ディーラーによって様々ですから、複数の見積を依頼して比較することが大事でしょう。

競合車を利用して値引きを勝ち取る

競合車を探す
最近は多くのディーラーで「ワンプライス販売」という販売方法を取っています。このワンプライス販売とはどのお客に対しても同じ価格で販売する方法です。が、まだまだユーザーとの交渉で値引を行っている場合が多いのが現状です。

新車を安く買うために値引きしてもらう材料として、自分が買いたいと思っている第一候補の車と競合する他車をみつけ、両者の見積を取ることで大きな値引を引き出せる場合があります。
この時の競合車とは互いがライバル車として認識している新車になります。

自分が買いたいと思っている本命の新車とは別に、第二希望・第三希望の車を見つけ、見積を取って支払い総額を比べましょう。

競合車を探すコツは、似たタイプの車であるほどよく、ボディタイプや排気量、価格などから探します。
競合車と思われるものは一通り見積を取っておくと良いでしょう。

つまり新車の値引きとは


ずばり新車の価格で重要なのは「総支払額」です。

「総支払額」は車両本体価格のほかに様々な諸経費を加算したものです。車両本体価格だけを見ていると値引可能な範囲も車両本体価格に限られてしまいます。 新車を安く買うためには「総支払額」で見積を取り、それを抑制すると大きな値引が得られます。
車両本体価格を値引してもらうのは当然ですが、支払い総額の中の様々な項目で抑制が必要ですので、何よりもまず「総支払額」で見積をとりましょう。見積を取れば何にいくらかかるのかが明確にわかります。ローンでの購入を考えている場合はその利率を知ることもできます。

見積をもらったら細かいところまで詳細に検討しましょう。余分な費用が入っていればカットし、まずは絶対に必要な最低限のベースで考えて計算します。 すると自ずと納得のできる目標(支払い総額)が見えてくるでしょう。その目標と見積金額の差が値引要求の基礎になります。

それを頭に入れてオプションや付属品なども加えた数パターンを検討し、支払い総額と「できあがった車」で納得のできる組み合わせを見つけます。

いずれにしても、ディーラーに見積を依頼するのが最初の重要な一歩となります。是非見積もり依頼をしてみましょう。



Copyright (C) "Naruse Contents Planning" All Rights Reserved.