The車com-新車と中古車の情報サイト

車に関するリンク集や新車購入値引き情報・中古車購入&買取査定情報のサイト。
メーカー・車種別の情報やニュース、リコール情報なども提供。

スプラッシュの下取り相場と新車の値引き交渉

スプラッシュの値引き相場と交渉時のワンポイントアドバイス

スプラッシュを新車で購入したいと思っている人もいるでしょう。スプラッシュの値引き目標額は20万円と言われています。普通乗用車ではありますが元の値段がそこまで高くはない事を考えると中々の値引き額と言えるでしょう。
競合車種ですが、ヴィッツやフィット、マーチ、デミオといった各社のコンパクトカーになりますね。価格帯やコンセプトなどが似ていますしね。装備面からすると、同価格帯のコンパクトカーに比べてかなりお得なものなのですが、やはりブランド力・知名度でしょうか。
ヴィッツやフィット、マーチの事は知っていてもスプラッシュの事は知らないという人も多いですし、知名度の低さ故、購入候補にすら挙がらないケースも多々あるでしょうね。その点から、交渉はかなり優位に進められるでしょう。
先に挙げたコンパクトカーはどれもスプラッシュよりも売れ筋モデルですので、交渉の際優位に立つ事が出来ますので、そこそこ強気の姿勢でも良いかもしれません。
理想の流れは先に挙げたコンパクトカーである程度の値引きを獲得し、最後は同士競合という流れですが、立地的に同士競合出来ないケースもあるでしょう。
そのような時には最後まで競合車種で交渉する事になりますが、スプラッシュがそこまで売れ筋モデルではない点のおかげで、交渉そのものは決して難しいものにはならないでしょう。強気な交渉で押しましょう!

スプラッシュの主要グレードとその特徴

ベースグレード
スプラッシュにはグレードは一つしか用意されていませんので、スプラッシュを購入するとなると、他の車種のようにグレードで悩む事はありません。ある意味ありがたいかもしれませんね。マニュアルエアコン、インフォメーションディスプレイ、6つのエアバッグに4輪ABS、イモビライザー、セキュリティーアラームなど、「欧州基準」と呼ばれる装備で128万円というのはかなりお買い得と言えるでしょう。また、外装に関しても15インチアルミホイールを標準装備してくれています。

スプラッシュの買取相場+売却時のワンポイントアドバイス

現行モデル

ベースグレード
2008年式57万円?2013年式81万円

スプラッシュは査定は厳しいです。これはやはりブランディングが弱い点に尽きるでしょうね。決して悪い車種ではありません。むしろ同価格帯のコンパクトカーに比べると、燃費面では見劣りしてしまいますが、装備面に関してはかなり充実しています。ですが日本の今の風潮としては燃費重視となっていますので、弱いのでしょうね。そのため、車種そのものの問題ではなく、月末や年度末など、査定が甘くなる時期を見計らって査定してもらうなどの工夫が必要になってくるでしょうね。

モデルチェンジ予想

スプラッシュが登場したのが2008年。3月にヨーロッパで生産開始され、10月に日本に輸入される事になりました。2012年に初のマイナーチェンジが行なわれましたので、フルモデルチェンジはまだまだ先になりそうですね。

スプラッシュ概要

スプラッシュは元々はハンガリーのスズキで製造されていました。2008年に登場し、ヨーロッパ各国で販売されていたのですがその人気から、同年10月から日本でも輸入販売が開始される事になったのです。2代目のスイフトをプラットフォームにした5ドアのトールワゴンで、当時の資本提携などの関係から、GMグループの欧州子会社にOEMされていました。欧州で好調を記録していたため、日本にも投入される事になったのですが、日本の国内工場には余裕がなかったため、輸入して販売する事になりました。車幅は1680mmとコンパクトカーと同等ではありますが、エアバッグは6つ、さらには3点式のシートベルトにイモビライザー付のキーレスエントリーなど、素晴らしい装備となっています。

関連記事

Sponsor Link
Filed under: スズキ — タグ: — NCP @ 11:26 AM 2013/04/19

Copyright (C) 2005-‘2017’NCP , All rights reserved.