The車com-新車と中古車の情報サイト

車に関するリンク集や新車購入値引き情報・中古車購入&買取査定情報のサイト。
メーカー・車種別の情報やニュース、リコール情報なども提供。

中古車の選び方

 自動車に限らず、工業製品において新品と中古品の違いとしては、「品質が一定か否か」という点が大きいと思います。
 新車の場合は、グレードや装備、ボディーカラーの違いなどはあれ、ほぼ均一の品質で生産されており、それがそのままエンドユーザーの元に届いています。そのため、いつ、どこのディーラーで購入しても、製品としては同じものです。

 しかし、中古車は違います。中古車は一物一価、たとえ同じ車種でも、年式や走行距離、修復歴、劣化具合などで、ピンからキリまで、その価値が大きく変わってくるのです。購入した中古車に長く乗ろうと思うなら、少しでも程度が良いものを選びたいところです。

 程度の良い中古車を購入するためには、なるべく多くの候補を挙げて、それぞれの個体差を比較するのが一番です。現在はインターネットの中古車情報サイトを見れば、日本全国の中古車からお好きな車種が選べます。同一車種を一覧で見ることができるので、年式や走行距離、車両本体価格だけでなく、お気に入りのボディーカラーや必要とする装備品の有無など、細かい要望に合わせて候補車選びができます。

 たとえネットで調べた中古車屋さんから買うつもりはなくても、購入候補となる車種の中古車情報を調べておくことは、決して無駄にはなりません。検索してヒットした件数が多い車種なら、中古車市場での流通量が多い、つまり多くの候補からご自分にピッタリの一台を選ぶことができるということ。逆に人気車のはずなのにあまりヒットしない……ということなら、中古車市場で流通している数が少なく、見つけたら「早いモノ勝ち」という車種と言えるでしょう。もちろん、その車種の中古車相場を知っていれば、どこで購入するにしても、値引きや条件などの交渉で有利になることは言うまでもありません。

 さて、中古車情報サイトで候補車をいくつかピックアップしたら、年式、グレード、ボディーカラー、走行距離、車検残、アフターパーツを含む装備品など、掲載されている情報を比較していきます。同じ車名で長い間販売されている車種では、年式やグレードに要注意。途中でモデルチェンジがある場合は、その前後で中古車としての価値(買い取りの相場価格)が大幅に変化します。また、搭載エンジンや性能、車内外の装備なども変更されることがあるので、モデルチェンジの時期を確認し、年式に合ったカタログに目を通して、実際の仕様や装備と齟齬がないかチェックしておくべきでしょう。

 ちなみに中古車の年式判断は、車検証の初度登録欄で行います。つまり、実際に登録された時です。前期モデルの在庫が残っているうちにモデルチェンジされてしまうと、公表されている販売期間よりも後の初度登録なのに、車両そのものは前期モデル……ということもあるので注意が必要です。この場合、外観や装備などで判断することになります。

 外観で判断する場合でも、ヘッドライトやグリル、エンブレムなど比較的簡単に交換できる部品だけで判断するのは危険です。これらを交換して「なんちゃって後期モデル」仕様になっている場合もあるからです。もちろん、モデルチェンジ前後で、こういった部分しか違いがないのなら問題ありませんが、搭載エンジンが変わったり、性能に影響のある部分の変更があるなら、直接、エンジンなどの変更部分まで目視で確認するようにしましょう。

 中古車選びで最も重要なのは、候補をしぼって実車確認する際の「程度」の確認です。ネットなどの情報から選んだ場合は、中古車屋さんにその個体がまだ在庫しているかを問い合わせます。相場よりも表示価格が安い「目玉商品」は、すぐに売れてしまったり、実際に在庫のない「見せダマ」だったりということもあります。

 実車確認では、写真では伝わらない細部の劣化具合などから、年式相応の程度かどうかをチェックしていきます。車体外装の傷やヘコミはもちろん、塗装の褪色やツヤの有無、プラスチックやゴムなどの部品の劣化など、目で見える部分を徹底的に観察します。外装チェックで見落としがちなのがルーフです。車高の高いSUVやミニバンなどは目が届きにくいので、特に注意が必要です。

 内装も同様。特にシートは、生地の傷みやクッションのヘタリなどから、前オーナーが丁寧に扱っていたかどうかが分かる部分です。また、たばこやペットなどの臭いが染みついていると、後々臭いを消すのはやっかいです。臭いに敏感な方は特に注意しましよう。

 最後にエンジンをかけ、各部の作動チェックを行います。中古車屋さん次第ですが、車検の残っている個体なら、敷地内などで試乗をさせてもらえるかもしれません。もし可能なら、遠慮せずに試乗しておきましょう。このとき、窓を開けて、エンジンや駆動系からの異音がないかもチェックしておきたいところです。もっとも、店頭に並んでいる時点では、仕入れたままで未整備の状態です。気になる点は販売員に告げて、納車時には修理されるかどうかを確認するといいでしょう。

中古車価格の相場
車の買取査定

自分にぴったりの中古車を安く見つける方法
自分の要求に合った中古車をどうやって見つけるかの前に、まずは中古車の価格がどのようにして決まるかを考えて見ましょう。

関連記事

Sponsor Link
Filed under: 中古車 — タグ: — NCP @ 10:40 AM 2011/11/22

Copyright (C) 2005-‘2017’NCP , All rights reserved.