The車com

フィットの価格や相場と新型・モデルチェンジの情報

ディーラーでの新車値引き術やフィットの中古車価格の相場と新型車やモデルチェンジなどのニュース。



中古車を購入する

中古車選びは店選びから
中古車は1台ごとに状態や価格が違います。プロではないユーザーにとっては最後は販売店を信頼して買うことになります。 従って信頼できる販売店を選ぶことが中古車選びでもっとも重要です。
メーカー系販売店(ディーラー):ブランド(メーカー)ごとに在庫が豊富なので同じ車種を比較しやすい。保証を含めた信頼性が売り
中古車専業店:ブランドの枠にとらわれない品揃えや、車種に特化した店など個性的なお店もたくさん。価格も魅力。

フィット購入時のチェック
全体の雰囲気を観察する
少し離れたところからフィット全体を観察し異常がないか確認する。

フィットの外観のヘコミやキズをチェック

整備状態の確認
ゴム部品など消耗品の状態やエンジンオイルのシミ、汚れなどから整備状態をチェックし定期点検整備記録簿の確認も忘れずに。

隙間の幅と色調を比べる
周囲と色が違っていたりする場合は修復暦がある可能性大。

取り付け状態を調べる
フロントフェンダーやリアフェンダーの取り付け部を確認して脱着した形跡があれば外して修理している可能性がある。

ドアやリアゲートなど開口部とその周囲の疲労具合

床下を覗いてチェック
外観はきれいに見えても床下は錆だらけなんてこともあるので必ずチェック。特に沿岸部付近で使用されていた場合は要注意。

エンジンからの異音
アイドリングの安定感や排気ガスの色なども注意深く観察しよう。

各種装備の作動状態
電装装備などメンテナンス状態によっては作動不良の場合もあるので注意
フィットの中古車情報

ホンダ系の中古車ディーラー

ホンダ車専門。徹底してホンダ車。
ホンダ系中古車販売店「ホンダオートテラス」ではホンダ車のみを販売。ミニバン・SUVから、クーペやセダンまでファミリー層も車好きも満足のラインナップ。
「安心・信頼・満足」をキャッチフレーズに品質・保証・アフターサービスなど常に高いレベルのサービスを提供している。

高年式&少走行車が中心のラインナップ

ホンダ系の中古車ディーラーであるホンダオートテラスでは高年式で走行距離の短いもの中心に在庫車両を構成している。 新車の下取り車として入庫してきたものや、新車店舗で展示車や試乗車として使われていた車が多く、 全国のホンダオートテラスが保有する車のうち、全体の約50%が高年式車になっていて、走行距離2万km以内の車が全体の約40%となっている。 低年式車も20%ほどあるが、入念な事前点検・整備・部品交換を行うことで、品質と低価格を両立している。

下取車中心の品揃え

ホンダオートテラスでは新車店舗で下取り車として入ってきた車を中心に販売している。 自社のお客さんがそれまで乗っていた車であるため、素性が明らかであるのが大きな特徴です。 また新車店舗で試乗車・展示車として使用されていた車も多く在庫しており、試乗車は店舗の周辺をぐるっと回るくらいなので走行距離も少なく、荒っぽく扱われる可能性も少ないといえます。 展示車はほとんど走っていない上、人気のオプションがすでに付いていたり、人気グレードだったりと買い安心感も高いと言えるでしょう。

ホンダ認定の中古車

ホンダオートテラスでは販売車両の品質確保のために、「ホンダ商品化整備基準」と呼ばれる厳しいガイドラインが設けてられている。 入庫してきた車両に法定12ヵ月・24ヵ月点検と同等以上のチェックを行い、必要な整備または部品交換などを施している。 基準を満たさない車両が販売されることはないため、すべてがホンダの基準に則したいわば認定中古車となっている。

新車の値引き

総支払額を抑制する
新車の価格で重要なのは「総支払額(=総支払額)」です。総支払額はフィットの車両本体価格のほかに様々な諸経費を加算したものになります。
つまり、車両本体価格だけを見ていると値引き可能な範囲も車両本体価格に限られてしまいますので、フィット安く買うためには総支払額で見積を取り、その総額を抑制することが重要です。
車両本体価格を値引きしてもらうのは当然ですが、総支払額の中の様々な項目で抑制が必要です。

したがって何よりもまず「総支払額」で見積をとりましょう。見積を取れば何にいくらかかるのかが明確にわかります。ローンでの購入を考えているのならばその利率を知ることもできます。

見積りを取って値引き情報を調べる

見積を取ったら細かいところまで詳細に検討しましょう。余分な費用が入っていればカットし、まずは絶対に必要な最低限のベースで考えて計算します。
すると自ずと納得のできる目標(総支払額)が見えてくるでしょう。その目標と見積金額の差が値引き要求の基礎になります。

それを頭に入れてフィットのオプションや付属品なども加えた数パターンを検討し、総支払額と「できあがった車」で納得のできる組み合わせを見つけます。

発売直後の新型車の場合、当初は値引きも渋めとなりますので需要が一巡した頃が狙い目と言えます。新型フィットは発売直後よりも少し時間を置いてから交渉に入るほうが良いかもしれません。

またマイナーチェンジやフルモデルチェンジが迫ってくるとメーカーも在庫を処分する必要があり、またその時点では人気も下がっているため大幅な値引きが期待できます。もちろんスグに型落ちになるためリセールバリューも低いというデメリットもあります。

いずれにしても、見積を依頼するのがフィット購入の重要な一歩となります。是非見積もり依頼をしてみましょう。

買取価格と相場

査定してもらうにあたってそのときの買取相場を知っておくことは最低限必要なことです。悪質業者に騙されないためにもおおよその相場を知っておくべきです。 ネットの一括見積もりサイトなどで依頼すれば簡単にわかりますので面倒がらずに必ず調べておきましょう。

買取価格を調べる

下取り査定

折角値引き交渉を有利に進めても、愛車の下取り価格を安く査定されていたのでは意味がありません。
ネットを利用すれば無料で愛車の買取査定をしてもらえますし、査定価格を知っておけばディーラーの担当者と交渉する際に役立ちます。
もし買取専門店の方が高く買ってくれるようであればそちらで売ってしまえばいいのです。最近は新しい車が来るまでの間、代車を貸してもらえる場合もあるようです。
自動車は高額な買い物です。「買う」ときも「売る」ときも複数の見積を取るように心がけましょう。

高く売るために出来ることはあまり多くありません。毎日査定しているプロの目は確かですし小細工はかえってマイナスになります。
洗車をして車の臭いを出来るだけとり点検記録簿などを用意しておく、というような基本的なポイントはしっかり押さえておきましょう

燃費

現在主流となっていて殆どの自動車のカタログに記載されているのが「10・15モード燃費」です。
これは市街地を想定した10項目の走行パターンから計測する10モード燃費に郊外を想定した15項目の走行パターンを加えた計測方法で、具体的には
10モード燃費測定
アイドリング状態(20秒)
時速20kmまで加速する(7秒)
時速20kmをキープして走行(15秒)
時速20kmから減速して停止(7秒)
アイドリング状態(16秒)
時速40kmまで加速する(14秒)
時速40kmをキープして走行(15秒)
時速40kmから時速20kmまで減速(10秒)
時速20kmから時速40kmまで加速(12秒)
時速40kmから減速して停止(17秒)
15モード燃費測定
アイドリング状態(65秒)
時速50kmまで加速する(18秒)
時速50kmをキープして走行(12秒)
時速40kmに減速して走行(4秒)
アクセルをオフにした状態(4秒)
時速40kmから時速60kmまで加速(16秒)
時速60kmをキープして走行(10秒)
時速60kmから時速70kmまで加速(11秒)
時速70kmをキープして走行(10秒)
時速70kmから時速50kmまで減速(10秒)
時速50kmをキープして走行(4秒)
時速50kmから時速70kmまで加速(22秒)
時速70kmをキープして走行(5秒)
時速70kmから減速して停止(30秒)
アイドリング状態(10秒)
の内容で10モードでの測定3回、15モードでの測定1回の結果から算出される。

自動車保険の見直し

保有する自動車が変われば保険も変える必要があります。
自動車保険の変更はついつい忘れがちですが、納車日までには変更手続きを完了しておく必要がありますので注意しましょう。
また保障内容を変える場合もあるでしょうし車が変われば保険料だってかわります。
元の車が「オンボロ」で車両保険に加入していなくても、乗り換えた新車には車両保険が必要な場合も多いでしょう。
保険料(掛け金)も会社や補償によって随分違いますので、この機会に1度保険の見直しをすることをお勧めします。

歴代のフィット

初代 GD1/2/3/4型(2001年-2007年)
ロゴの後継車として、日本では2001年6月にまず1.3L仕様が発売、搭載されたエンジンは、L13A型 1.3L SOHC i-DSI(86PS/12.1kgm)で、トランスミッションはホンダマルチマチックSと呼ばれるCVTのみの設定であった。
グローバル・スモールプラットフォームと呼ばれる燃料タンクを車体中心に配置したレイアウトを採用。このレイアウトにより同クラスのスモールカーを大きく上回る広さを実現した。
2001-2002日本カー・オブ・ザ・イヤーを受賞。2002年には、年間販売台数で33年間トップを守り続けたトヨタのカローラを上回りトップとなった。

2代目 GE6/7/8/9型(2007年-)
2007年10月18日に2代目へのフルモデルチェンジが発表され、日本では10月26日に販売が開始された。エンジンは従来通りのL13A及びL15Aであるが、i-VTEC仕様に改良された(L13A:100PS ,L15A:120PS)。トランスミッションは、FF仕様にはトルクコンバーター付きに改良されたCVTが組合わされ、4WD仕様には5速ATが組合わされる。
2007年11月21日、2007-2008日本カー・オブ・ザ・イヤーに選ばれ初代につづいて2度目の受賞となった。11月末に、国内累計販売台数が100万台を突破。営業マンは内部試験を受けないと販売できない異例の体制をとっている。

厳選:フィット

19件中1〜19件表示       

フィット-CarSensor[全国] カタログ情報、スペックやグレード一覧、中古車相場、中古車一覧など。地域や価格帯を指定しての検索も可能。

フィットの中古車検索結果 ガリバー[全国] フィットの中古車在庫情報一覧。日本全国から毎日入荷されるフィット 中古車在庫情報より、分かり易く簡単な操作方法で検索でき、またお目当てのフィットの無料お問い合わせや、お客様に代わりフィットをお探ししてご提案する「中古車ご提案サービス」などをご利用頂けます。

フィットアリア[-] ホンダのオフィシャルページ。

フィット autobytel-japan[全国] オートバイテルの【カンタン・Eメール新車見積もり】は、車種名と郵便番号、メールアドレス、お名前を入力するだけで、新車販売価格を最寄のディーラー様よりEメールでお届けするサービスです。電話による無理やりな交渉もございません。

フィット[-] ホンダのオフィシャルページ。インテリアやエクステリア、走行性能、スペック、安全性能、主要装備、タイプ、価格などのWEBカタログとカタログ請求やセルフ見積などの購入サポートなど。

フィットアリア autobytel-japan[全国] オートバイテルの【カンタン・Eメール新車見積もり】は、車種名と郵便番号、メールアドレス、お名前を入力するだけで、新車販売価格を最寄のディーラー様よりEメールでお届けするサービスです。電話による無理やりな交渉もございません。

ガリバー[全国] HONDAの中古車査定、ホンダ車買取ならガリバーインターナショナル。愛車のおよその値段を知ることができる、「オンライン無料査定」で現在お持ちのクルマに、どの程度の価値があるのかを調べておくと、乗り換え時の検討材料や比較の目安などにもなります。

フィット関連パーツ-楽天市場[全国] フィット関連の売れ筋・人気カー用品。マフラーやサイレンサー、バッテリー、カーナビ、シートカバー、ブレーキパッド、タイヤ、アルミ、ETCほか。

カービューの自動車保険一括見積[全国] 【carview 自動車保険】大手損保、最大9社の自動車保険プランを比較可能!。自動車保険は更新するのではなく、賢く『選ぶ】時代です!

ホンダの新型ワゴン車「フィットシャトル」[-] 以前より登場が予想されていたホンダのフィットをベースにした新型ワゴン車の名前は「フィットシャトル」に決まったようだ。

フィット カタログ【carview】[-] ホンダ フィット (HONDA FIT)【carview】カタログ情報満載。エンジン、トランスミッション、内外装の仕様など詳細なスペック情報をご覧いただけます。

フィット 総合情報[-] フィットの車情報満載。フィットのカタログ情報や最新ニュース、新車値引き情報、豊富な中古車物件情報、フィットオーナーの声など、あなたの欲しい情報がどこよりも詳しく探せます。

Honda Veni[全国] ホンダベニーの公式ホームページへようこそ。ホンダベニーは2000年7月7日にOPENしました。大阪オートメッセなどのイベントなどに出展。オデッセイやフィット等などのオリジナル商品開発・作成、オリジナルエンブレムの開発・作成や海外エンブレムを販売しているホンダ車専用カーショップです。

ホンダ:フィットを極める[-] ホンダのハッチバック型コンパクトカーである「フィット」に関するブログ。

ホンダ-フィットの新車価格と値引き相場[-] フィットの新車値引き相場の情報ページ。時期による違いや見積書の読み方など新車購入全般に関する情報。

フィットの特徴[-] コンセプトや特徴、基本スペックや採用技術などの情報と中古車や新車・試乗会ほか関連情報。

03Spec 1.5T FIT MAKOCCHAN[-] ホンダ・フィットのカスタマイズサイト。嫁さんお買物仕様で購入したフィットのドレスアップ。株で儲けてカスタマイズ資金を貯めよう!という企画もあり。

fit freak[-] jun-bowが名古屋から発信するコミュニケーションをメインとしたサイトです。「NAGOYA夜オフ」などのオフ会、Fitくんいぢりや日記など。

Acceleration[-] 愛車、ホンダ・フィットのチューニング/改造情報と、ラジコンなどの趣味のページ。




Copyright (C) 2005-2010 "Naruse Contents Planning" All Rights Reserved.